yogabookを買って1ヶ月使ってみたのでレビュー

メインは仕事で使っています

メインで仕事で使っています。インターネット閲覧と簡単な文書の作成、プレゼンでの使用がメインです。買って使いはじめて1ヶ月経ったのですが、かなり便利で使いやすいです。

そこで、普段どんな感じで使っているのか、使用していく上で買い足したものなどについてレビューしていきます。

ちなみに写真のyogabookは僕の私物です。指紋がついてて、ちょっとみすぼらしいですね。

yogabookを買った理由

macbook airからの買い換え

yogabookの前はmacbook airを使っていました。macbook airも軽くて使いやすかったのですが、ちょっと古くなってきたので買い替えを検討していたところ、yogabookを知りました。macbookも候補だったのですが、自宅でmacbook proを使用しており、macが必要な場合は、こっちを使えばいいと思い、あとは圧倒的な軽さに惹かれて、yogabookを選びました。

重さはなんと690g!

とにかく軽いです。macbook airも軽いと思ったのですが、さらに300g以上軽いです。仕事で持ち運ぶのですが、物凄くストレスが軽減されています。

windows機であること

職場ではメインのPCがあり、yogabookはサブ機です。仕事で使うマシンなのでwindows機であったほうが互換性が高いです。yogabookにはandoroid機もありますが、僕の場合はwindows一択でした。仕事で使うのでwindowsが普通に動くっていうのは重要です。

ただ、プリインストールされているマイクロソフトオフィスがオフィスモバイルです。これが残念です。ワードとオフィス、パワーポイントのドキュメントの閲覧は可能ですが、編集はできません。

でも、windowsは通常のwindowsなのでマイクロソフトオフィスも普通にインストールが可能です。これで外出先でもマイクロソフトオフィスが使用可能になります。

ペンモード

yogabookの最大の特徴でもあるペン入力モードも面白いです。僕は絵を書いたりするのではないのですが、プレゼンの時にペン入力モードを使用しています。

プレゼンの際はパワーポイントで作成した資料をスクリーンに映すことがあるのですが、文字を書いて補足したりする時は、ホワイトボードを使用していました。yogabookなら補足で文字を書くときには、ペン入力モードにしてワンノートなどに書いてしまえば、書いた文字をスクリーンに映すことができます。書いた文字はワンノートにそのまま保管できるので、後から見返すことも簡単です。

この使い方、結構便利ですよ。仕事で使う人にはおすすめです。

値段が安い

たしか57,000円くらいでビックカメラで購入しました。10%ポイント還元でした。asusなどではもっと安いモバイルノートもありますが、cpuにintelを使っていて、ウィンドウズ10が入っていて、この機能で、この値段なら安いと思います。

僕が買った時は、欠品が解消されたばかりの時点だったので定価で購入しましたが、安定供給されれば、もっと安く買えるかもしれません。

yogabookは使いやすいか?

haloキーボード

haloキーボードは使いやすくはありません。長文の入力はかなりしんどいです。ホームポジションに指を置くと、文字が入力されてしまうので、普段、ブラインドタッチをしている人は、ちょっとイライラするかもしれません。キーボードを見ながら入力するケースが多いのですが、薬指や小指側は他の指で隠れて見にくいので、よく使う「S」とか「A」が入力しづらい印象です。

ただ、慣れてくれば、ネットサーフィンするくらいの入力であれば、これで問題はありません。

ペンモードの書き心地

ペンモードは紙に書いて入力するモードとタブにそのまま書いていくモードがあります。紙に書くモードの方が見ながら書けるので使いやすいかな。紙に書くのとタブに書くのではペン先を交換する必要があり、これがちょっと面倒。僕の場合は、タブに書くことはほとんどないため、紙に書くモードとして標準ではインクを入れてペンを持ち歩いています。

持ち運び

持ち運びの勝手の良さはピカイチです。なんせ690g。軽いです。

yogabookの使えない点

ポートが少ない

yogabookにはマイクロUSBとマイクロhdmiのポートがついているだけです。充電するとマイクロUSBのポートが埋まってしまうので、他で使うことができません。また、マイクロUSBなので、マイクロじゃないUSBの手持ちのデバイスが使えないのはデメリットです。

128GのマイクロSDが認識されず

SDカードはSIMカードのように差し込んで使用するので、抜き差しが手軽にはできません。また、SDカードには相性があるようで、僕がyogabook用に買った128GのマイクロSDは認識されませんでした。色々フォーマットを試しましたが、使えるようにはならず、結局、別のブランドの64Gを別途買い直して使っています。

128G、高かったのに残念。

充電器は専用の物を使用

充電器は当然ついてきますが、色々な充電器があるのは不便なので、携帯の充電器で充電できないか試してみたところ、充電できませんでした。電圧などの関係があるようです。

充電は付属の充電器を使用しています。

結局、追加で買ってしまった・・・

キーボード

文字入力の機会が多いので、haloキーボードだとちょとストレスがあります。ネットサーフィンはhaloキーボードを使っていますが、たくさんの文字を入力する時のためにキーボードを買いました。

yogabookはポートがないのでbluetoothで接続するキーボードです。折りたためて持ち運びにも便利です。

マウス

macのトラックパッドを使い慣れている僕としては、windowsのタッチパッドは使いにくくてしょうがありません。というわけで、マウスも買ってしまいました。こちらもbluetoothで繋いでいます。

でも、yogabookにはとても満足

結局、たくさんの文字を入力する時は下の写真のようになってしまっています。

でも、だからと言って、yogabookを否定しているわけではありません。タブレットとして使用するときやネットサーフィンするとき、プレゼンする時はキーボードやマウスは不要です。写真のようになるのはあくまで多くの文字入力するときだけです。yogabookなら、haloキーボード部分を後ろに回してしまえばスタンドとして使えるので、bluetoothキーボードを置いてもスッキリします。

仕事用にと思って買ったのですが、アマゾンプライムビデオをこれで見たりもしています。使う人によって色々な使い方のできる2in1です。

しばらくはとことん使いまわします!