iPadでフリック入力を可能にする方法

iPhoneとiPad miniを使っているのですが「iPhoneのフリック入力が便利なのに、なんでiPadはフリック入力できないんだよ」と勝手に思い込んでおりました。

ある時、設定次第でできるんじゃないかと思い直し、調べてみたところ、やはりできるようです。

同じOSなんだし、そりゃできますよね。ということで、設定方法をまとめました。

iPadでフリック入力するための設定方法

「設定」から

「設定」→「一般」「キーボード」とすすみます。

IMG_0022

「キーボードを分割」をONにします。

IMG_0018設定はこれで完了です!

フリックのキーボードを表示するには

ブラウザなどキーボード入力が必要なアプリなどを開きます。右下にキーボードのアイコンが表示されているので、長押しすると、「固定」か「分割」を選べるようになります。そして、「分割」を選択すると・・・

IMG_0020

フリックのキーボードが表示されます。

IMG_0021

 こんなこともできます

IMG_3779

分割されているキーボードを二本の指で真ん中に寄せる(ピンチイン)と、キーボードが固定されます。

IMG_3780

もちろん外側に広げれば(ピンチアウト)キーボードが分割されます。

IMG_3781

フリックの画面でキーボードのアイコンを押しながら上下に動かすと、キーボードの位置を上下に移動させることができます。

IMG_3782

合わせて追加したい設定

フリック入力ができるようになっているのであれば、合わせて追加しておきたい設定があります。「設定」→「一般」→「キーボード」とすすみ、「フリックのみ」をONにします。

IMG_0023OFFの設定の場合、フリックのキーボードで「あ」を何度かタップしていくと、「あ→い→う→え」と表示されますが、ONに設定すると「あ→あ→あ→あ」と表示されるようになります。

ONに設定することで、同じ母音を連続で入力する場合、少し時間をおかないといけなかったのが解消されます。

まとめ

できないって思い込んでいたせいで不便をしていました。Appleの製品は説明書がついていないので、わからないことはネット頼りです。まだまだ思いがけない設定があるのかもしれませんね。