ジュピターを観て、「観なきゃよかったな」って思った話(ネタバレも)

200

歳を取ると小難しい映画は楽しめなくて、ハリウッド的なSFとかそういう映画を好んで観に行ってます。

で、ジュピター

僕はマトリックスがすごく好きで、ウォシャウスキー姉弟というだけで、見なきゃいけない義務感があり、今回のジュピターは前評判はあまりよくないようでしたが、ちゃんと映画館で観たわけです。

2時間少しくらいの映画でしたが、本来の尺はもっとあったのかもしれません。ダイジェスト版を観てるような印象です。シーンが目まぐるしく変わり、設定の説明とアクションシーンが続く映画です。主人公の心情の変化とか、まるでわかりません。

戦闘シーンも早すぎて、何が行われてるのかよくわからなかったりしました。

僕の動体視力に問題があるのでしょうか?

空を飛ぶブーツがまあまかっこいいですが、重力を反転させてシールドになる設定は、冲方丁さんの小説でも登場するので目新しさは感じられず。

そして、とにかくシナリオがダサすぎる

自分の運命に気づいた女性が地球を救う+助けてくれた人とのラブストーリーというのは、B級映画でももうやらないネタでしょ。人間が何かの餌的なものというのもマトリックスと同じ。意外性もなく、派手なドンパチと間一髪を繰り返す。

残念すぎる映画でした。