一日一食ダイエットのきっかけ

きっかけは、最近、取引先のYさんがすごく痩せたので話を聞いたことでした。会うたびに体がスリムになっていってたので、どんなことをしているのか聞いたのです。

答えは「昼ご飯をサラダにしている」とのこと。「仕事をしていると空腹もまぎれるし、そんなに気になりませんよ」と涼しい顔で言われたので、ちょっと真似してみようかなと思ったのでした。

それまでの僕は、朝は食べず、昼は定食、夜はお腹いっぱいになるまで食べる、というような生活をしていました。体重はどんどん増えてしまって、高校時代や大学時代と比べると20キロ、結婚してからでも15キロくらいは太ってしまっていました

挙句は「昔はイケメンだったのに」といわれる始末です。

何とかしようとは思っていたのですが、何ともならない状況がずっと続いていました。何もしなかったわけではありません。ジムに行ってみたり、近所をランニングしてみたりはしました。でも、効果は出ず、長くは続かなかったのです。

Y先生から話を聞いて、真似してみようかとは思いましたが、昼ご飯をサラダにするというのは抵抗がありました。どうせお腹がすいちゃって我慢できなくなるだろうし、少しやせても食事を抜いてのダイエットは、結局リバウンドするという話をよく聞いていたからです。

そこで、いい方法はないかと、ネットで検索したところ、この本を見つけました。

『「食べない」健康法』(石原 結實 著)です。

1日2食って書いてありますが、読んでみると1.5食くらいでいいと書いてあります。夜は自由に食べていいとも書かれています。

これはいい本を見つけたと思い、内容を自分流にいろいろ取り入れながら一日一食生活を始めたのでした。

どんな食生活をしているのか?

朝ごはん

仕事がある日の朝は基本的には食べません。事務所に行って紅茶を飲みます。以前はコーヒーでしたが、『「食べない」健康法』によると、体を冷やす飲み物は飲まない方がいいと書かれていたので、今はほとんど飲みません。

紅茶も生姜を入れたりハチミツを入れたりするとさらにいいようですが、めんどくさいし、生姜はあまり好きではないので入れていません。

ストレートでガブガブ飲んでいます。

ちなみに紅茶はOKストアで100パック入りのお特用が売っていたのでそれを購入して職場に持って行って置いてあります。

昼ごはん

昼ごはんは以前は外食してましたがやめました

下に書いたように、お腹が空いたら少し何かを食べるようにしています。食べない日も多いです。

今思うと、昼ごはんが諸悪の根源だったのではないかと思っています。職場にいる時の昼食は中華屋さんか居酒屋の定食が定番でした。中華に行けば担担麺と麻婆丼のセットを食べ、居酒屋に行けば丼一杯の白米に揚げ物のおかずを食べたりしていたわけです。

そりゃ、太るって。

晩ごはん

夜は今までと変わりません。遅くまで仕事していることもあるので、食事の時間も遅めです。23時くらいに平気で食べたりしています。ビールやら焼酎やらのお酒も飲みます。飲み会の機会も多いですが、特に制限をすることなく楽しんでいます

一日一食でお腹は空かないのか?

お腹が空かないってことはないです。

空きます

なので、お腹が空いてきたら、少し何かを食べます。コンビニで総菜パンを一個買って歩きながら食べたり、タイミングよく立ち食い蕎麦屋があれば、ふらっと入ったりもします。

絶対に何も食べないというルールだと続かないと思います。

『「食べない」健康法』の石原先生はお昼は七味をたっぷり掛けたとろろそばと決まっているようですが、僕はお蕎麦と決めることも無理なので、お腹がすいたら少し食べるっていうルールにしています。総菜パンの時もあれば、チョコレートの時もあります。何を食べるかはあまり気にせず、「少しだけ」という点を大事にしています

そう考えると、純粋な一日一食ではなく、やっぱり1.5食くらいが正確な表現なのかもしれないですね。

それから休みの日は一日一食ではありません。二食とか三食とか、以前のように食べたりしています。たまの休みは奥さんと一緒においしいものを食べに行ったりしたいですし、作ってくれたご飯を食べないっていうのは申し訳ないですから。こういうところでも無理はしないようにしています。「絶対にこうする」っていうルールは設定しません。

効果は?

僕の場合は効果はすぐに出ました

一日一食ダイエットを始めてからどんどん体重が落ち、2ヶ月で8キロほど減っています。太っていた時に買ったスーツはゆるゆるですし、太って履けなくなったジーンズはまた履けるようになりました。

うちにあるTANITAの体重計によると、体脂肪は標準になりました。内臓脂肪はまだ高めのようです。もともと筋肉量は多いようなので、一日のカロリーを減らしたことが、すぐ体重減という効果に繋がったのかもしれません。

それと、もう40歳なので、そんなにエネルギーが必要ないような気もしています。しばらくは蓄えた脂肪を燃やすことに注力しようと思います。

また、今のところ栄養価は気にしてはいません。晩ごはんでは意識して野菜を摂ろうとしてはいますが、どれくらい摂ったのかまでは把握してないです。いろいろ気にしはじめるとやっぱり続かないというのがあるので、あえて気にしないようにしています。

総菜パンと一緒に野菜ジュースを飲んだりもしていますが、それがいいのかどうかとかは気にしていません。

一日一食ダイエットを始めてから、目に見えて体重が減ったということの他にもいい効果がありました。

一つは体が軽くなったことです。歩いてても疲れにくいです。もう一つはお昼を食べた後に眠くなるのがなくなったことです。あの怠い感じは仕事する上でも邪魔でした。

今は一日中、集中力が途切れません。すごく健康を感じています。

もうひとつはじめた事

ティップネスに行っています。ティップネスの会員になるのはこれで3度目です。

長く続いたことはありません。

今度こそはと、今回はひと月4回まで通えるプランにしました。もっと通う場合は都度料金がかかる仕組みです。

ティップネスでは主にプールに行っています。泳いで疲れたら歩いて、しばらくしたらまた泳ぐを繰り返しています。だいたい1時間くらいですね。もともと水泳を習っていたので、泳ぎは得意です。たまにランニングマシンも乗りますが、泳いだ後なので、走らず歩いています。

月に4回と緩い感じがあっているようです。この話をしたら「月4回じゃ効果ないんじゃない?」って言われたりもしましたが、効果がなければないでもいいと思っています。継続することを第一に考えるようにしています。

一日一食ダイエットもそうですね。継続することが大事なので、無理はしないで続けようと思います。